人見知り克服のために【周囲にうまく溶け込むためのアドバイス】

カウンセリングやスピリチュアルで人見知りを克服しよう

人見知りは損をすることが多い?!

スーツの男性

人見知りの人は、生活の中で大変な思いをすることが多い傾向にあります。具体的にどのような思いをしているのか、人見知りだという人の口コミを通して見てみましょう。

人見知りだと苦労する

みんなの輪に入れず疎外感を感じてしまう (30代/女性)

私が今勤めている会社は割と小さな規模で、人数も20人弱しかいません。そのためか結構従業員同士の仲が良く、性別や年齢に関係無く良い雰囲気の中で仕事をしています。しかし自分が人見知りであるため、うまく話の輪に入ることができません。あちらから話を振られて少し会話をすることはあるものの、それも長くは持たず、また当然自分から話しかけることもほとんどありません。自分のせいなのは分かっていますが、疎外感を感じています。

話しかけようとするが何を話せばいいか分からない (20代/男性)

職場でもプライベートでも、たまに話のネタに困って場をシーンとさせてしまうことがあります。何を話せばよい分からなくなるのです。対面した相手が苦手というわけではないのですが、いざ面と向かうと何を話せばよいか、そして相手が話してきた内容にどう返すのが正解なのか真面目に考えてしまいます。多分、「自分が相手にどう思われているか」ということを考えすぎているのでしょうね…。

営業職なのにうまく話せず仕事もうまくいかない (30代/男性)

人見知りの性格を直そうと思い、営業職に就きました。ただ、入社して半年経つのですが、未だに人と上手に会話ができません。当然契約件数も数えるほどしか取れていません。上司や同僚からアドバイスをたくさん頂くのですが、頭では分かっていても、いざお客様を前にすると頭が真っ白になってしまいます。慣れや経験による部分もあるのでしょうが、もう妥協しそうです…。

人見知りの性格をしていると、仕事やプライベートの場でこのような思いをしてしまいます。精神的に滅入ってしまうことが多くなる、と言ってもいいかもしれません。

周りの人は気にしていない

人見知りをする人のほとんどに共通している部分があります。それは「他人の目を気にしてしまう」というところです。傷つきたくない、という気持ちが強いため、周りのことを気にするというよりは自分の保身を考えてしまっているのです。他人の目や反応を気にしすぎてしまうと、当然気軽に話をすることはおろか、常にビクビクしてしまうようになります。しかし実際のところ、周囲の人はあなたの性格や接し方をそこまで気にしていません。初対面の人に関してはお互いがお互いのことを分かっていないため、自分に対する理解は低くて当然です。考えるだけ無駄であり、損をする行為と言えるのです。

人見知りする自分を変えたいときに始めること

人見知りをどうにか克服したいという人は、まず気持ちを切り替えることを意識しましょう。そこで、スムーズかつ効果的に気持ちを切り替えられる方法をアドバイスしたいと思います。

人見知りを治すためには何をしたらいいですか?
まず、どのような性格の人間になりたいのか具体的にイメージしましょう。努力することによってどうなりたいのか、頭の中で明確にしておくのです。「自分から話の輪に入れるようになりたい」でも、「トークスキルを磨きたい」でも何でも構いません。いきなり性格を変えるなんてことはできないので、頭の中で常に理想の自分をイメージし、それに向かって努力するという意識を持つようにしましょう。
人見知りを完全になくしたほうがいいですか?
そんなことはありません。なぜなら、人見知りも個性の1つだからです。人見知りの性格は、言い換えれば控えめな性格であるということです。これも立派な個性と言えます。否定的にならないこと、そして人見知りである自分の性格の良い面を探してそれに対し肯定的になること。これはとても大事なことです。良い面を残したまま自分をより良い人間に変える、という考えを持つようにしましょう。

大事なのは「気持ちの切り替え」です。理想のイメージを形成し、その上で、人見知りを克服する、自分は変われるという意識を持ちましょう。そして人見知りというものに対して完全に否定的にならないこと。これらのことを守れば、スムーズに人見知りを克服できるようになるはずです。

生活を変えれば性格も変わる

人見知りの性格を変える方法として、日常の中で簡単に取り入れられる、手軽で簡単な方法があります。それは普段の生活の中での立ち振舞です。具体的に紹介したいと思います。

生活を変えることで人見知りを改善

見た目の印象を良くする

人は見た目で判断される、とよく聞きますが、これはあながち間違っていません。実際、多くの人が初対面の人を外見で判断し、そこから「優しそう」「ちょっと怖そう」とイメージしているはずです。つまり見た目を良くすれば、相手に受け入れられやすくなる、ということが言えます。初対面の人と会うときにそれを実行できればより効果的です。清潔感があり、かつTPOに応じた格好であれば問題ありません。

周りに話しかけても大丈夫と思わせる

眉間にシワを寄せている人や口をへの字に曲げてしかめっ面をしている人には、やはり近寄りがたい雰囲気を感じてしまいます。自分がそのような表情をしてしまっていては、当然周囲の人も話しかけるのを躊躇してしまうでしょう。逆に、常に明るく振る舞うようにすれば、相手からの印象も良くなり、「この人とお話したい、話しかけたい」と思わせることができます。

上に挙げたことを意識して実践すれば、人見知りを克服することができ、何より周囲の人のあなたに対する反応も変わってきます。少しずつで構わないので、まずは始めてみましょう。

気持ちを落ち着かせてリラックスする方法とおすすめのサイト

二人の男性

大きな悩みや不安ことがある状況で人見知りを克服しようとしても、心境が心境であるためうまく会話をすることができません。気持ちを良い状態に持っていくための方法を紹介します。

カウンセリング
相談者の性格や仕事、恋愛などに関するアドバイスをしてくれる存在、それがカウンセラーです。例えば「人見知りを克服したいんですけど、実は○○で……」という相談をカウンセラーにしたとします。するとカウンセラーの方が親身に相談に乗り、その相談内容に対し的確なアドバイスをしてくれます。カウンセラーの方は、基本的に「○○してください」「それは間違っています」といったような、課題提起や否定的な発言をしません。相談者の気持ちを理解した上で優しく問題の解消方法を提案するスタイルしてくれるので、安心して相談することができます。
スピリチュアル
スピリチュアルは、「自分を変えたい」といった明確な答えを出せないような行為や問題における、良い解決方法と言えます。ある種上カウンセリングも一種のスピリチュアルと言えます。実際スピリチュアルには様々な方法があります。分かりやすい例で言えば、自己啓発本の利用や自己啓発セミナーへの参加などです。最近は「アファメーション」という、自分の潜在意識に自分の理想像や目標を刷り込むというものも人気を集めています。

カウンセリングもスピリチュアルも、初めて実践するときはとても勇気が要ると思います。しかしここで勇気を出して実践することが、人見知りの克服の第一歩なのです。

TOPボタン